6月1日に日光美術館で開催される歌とリュートのコンンサート

「An Evening Hymn 夕べの賛歌 〜リュートと一体化する17世紀歌唱の妙技〜」

まであと1週間となりました。

今回は出演者の皆様を詳しくご紹介いたします。皆様ぜひお出かけください。

(18:30開演・入場料2000円・問合せ=小杉方菴記念日光美術館・tel.0288-50-1200・・・詳細下記)

 

〜佐藤豊彦(ナビゲーター)〜

世界を代表するリュート奏者として活動する佐藤豊彦は、1968年にスイスへ留学し、1971年に世界初のバロックリュートLPをスイスで録音してデビュー。1973年にはオランダ王立ハーグ音楽院の教授に抜擢され、2005年に退官するまでの30年以上、世界各国で活躍する数多くの後輩リュート奏者を育てた。1982年のカーネギーホールでのリサイタルは、ニューヨークタイムズに写真入で絶賛を博した。30枚近いソロLP,CD、そして数えきれない程のアンサンブルでの録音の中には1980年にオランダでエジソン賞、同年に文化庁芸術祭賞、1983年と2008年にはレコード・アカデミー賞など、多くの受賞がある。作曲家としても世界各地の現代音楽祭に参加し、自作品によるCDも3枚ある。バロックリュート教則本を始め、リュート現代音楽カタログ、自作品や編曲集などの楽譜の出版物もある。2000年には「リュート&アーリーギターソサエティ・ジャパン」の会長に就任し、特に日本に於けるリュート奏者、製作者、愛好家の普及に貢献すべく力を入れている。さらに音楽家のための禅茶道「楽禅古流」と気功「楽禅式呼吸法」を考案し、能楽を学び、伝統的な日本の精神文化との融合を目指して、現在も国際的に活動を続けている。1943年生れ。

〜加藤佳代子(ソプラノ)〜

名古屋音楽大学、オランダ国立ズボレ音楽院声楽科卒業。同ティルブルグ音楽院古楽アンサンブル科にて学ぶ。ソリストディプロマ、教育者ディプロマ取得。グレゴリオ聖歌から現代音楽まで幅広いレパートリーを持ち、バロックオペラ「オルフェオ」、エールドクール、フランドル楽派宗教曲などでオランダ国営テレビ、ラジオに出演。リサイタル「小鳥のうた〜リュートソング」「ソプラノとチェンバロによるイギリスバロック音楽」「A.ヴィヴァルディ〜イタリアバロックの祝祭音楽」を開催。東海バロックプロジェクトオペラ制作委員会による あいちトリエンナーレ2016舞台芸術公募プログラム公演バロックオペラ「ポッペアの戴冠」タイトルロールにて好評を博す。同公演は名古屋音楽ペンクラブ賞を受賞。モンテヴェルディ「聖母マリアの夕べの祈り」、ペルゴレージ「スタバート・マーテル」他、古楽器との共演多数。東海バロックプロジェクトメンバー。

〜櫻田亨(アーチリュート)〜

日本ギター専門学校でギターを学んだ後、オランダ王立ハーグ音楽院でリュートを佐藤豊彦に師事。リュート、テオルボ、ビウェラ、バロックギター、19Cギターなどの撥弦楽器を幅広く演奏し、時代やその音楽にふさわしい使い分けを行っている。すべての楽器にガット弦を用いて歴史的な表現を引き出す演奏スタイルは世界でもまだ数少ない。ソリストのみならず、コンティヌオ奏者としてもその柔軟な対応力は多くの共演者から信頼を集めている。リュート&アーリーギターソサエティ・ジャパン事務局長。「やすらぎのガット・7つの響き(Variety of Lute Collections)」が初のソロCD。2枚目の「皇帝のビウェラ・市民のリュート」はレコード芸術誌「準特選盤」。その後は、のすたるぢあレーベルから佐藤豊彦・佐藤美紀と共に「3台のリュートによるデュエット」CDを、ソロCDとして「パッヘルベル 恋人のため息」「テオルボの音楽」をリリース。これらのCDも「準特選盤」となる。2017年発売の三重奏CD「ネーデルランドのリュート音楽」が、「特選盤」に選ばれる。

「An Evening Hymn 夕べの賛歌 〜リュートと一体化する17世紀歌唱の妙技〜」

演奏:加藤佳代子(ソプラノ)・櫻田亨(アーチリュート)・佐藤豊彦(ナビゲーター)

日時:6月1日(土)18:30開演(17:30会場・美術館展示が鑑賞できます)

場所:小杉方菴記念日光美術館エントランスホール(日光市山内2388-3)

料金・チケット販売:2000円/小杉方菴記念日光美術館・日光市中央公民館

問合せ:小杉方菴記念日光美術館・tel.0288-50-1200

(*チケットは「トロールの森」でも取り扱っておりますので、ご希望の方は tel.0288-53-1007 までご連絡ください)

ゴールデンウィークも終わり、五月晴れの毎日が続いています。

本日5月8日現在のツツジ開花状況。

ペンション周辺の霧降高原別荘地アリア〜霧降滝周辺はヤマツツジが満開!!。

トウゴクミツバツツジは1000m以上の標高へと開花が移動中。

新緑の中の霧降滝。

キスゲ平ではカタクリが満開でした!。

今年の「キリフリ谷の藝術祭」のスタートを飾るコンサート「An Evening Hymn 夕べの賛歌」が6月1日(土)日光美術館にて開催されます。サブタイトルの「〜リュートと一体化する17世紀歌唱の妙技〜」のように、歌とリュートのコンサートです。

世界的なリュート奏者である佐藤豊彦先生とその門下の演奏家の皆様は毎年この時期に日光を訪れ、3年連続で「キリフリ谷の藝術祭」にもご参加いただいています。

とても貴重なこのコンサート、詳細は下記の通りですので皆様ぜひお出かけください。

 

「An Evening Hymn 夕べの賛歌 〜リュートと一体化する17世紀歌唱の妙技〜」

演奏:加藤佳代子(ソプラノ)・櫻田亨(アーチリュート)・佐藤豊彦(ナビゲーター)

日時:6月1日(土)18:30開演(17:30会場・美術館展示が鑑賞できます)

場所:小杉方菴記念日光美術館エントランスホール(日光市山内2388-3)

料金・チケット販売:2000円/小杉方菴記念日光美術館・日光市中央公民館

問合せ:小杉方菴記念日光美術館・tel.0288-50-1200

(*チケットは「トロールの森」でも取り扱っておりますので、ご希望の方は tel.0288-53-1007 までご連絡ください)

**今回のコンサートでナビゲーターを務める佐藤先生のコメントをご紹介しておきます**

「古今東西を問わず歌の伴奏楽器の主流が弦楽器であることは皆さまご存知の通りです。古くはヨーロッパではリュートやギター、日本では琵琶や三味線などがそれです。ギターは今では世界中で使われています。これらの楽器が携帯に便利で、和音が弾けるという理由もありますが、最大の理由は歌に合わせて強弱やヴィブラートなどのニュアンスを出せる所にあります。リュートは決して音の大きな楽器ではありません。そしてこのCDに収録されている歌の曲も大声で歌うものではありません。しかし、歌とアーチリュートによる表現力の多様性(広さと深さ)を充分に楽しんで頂けると思います。(夕べの賛歌:解説より)」

春から初夏はメンテナンスのシーズン。

10連休に備えて今週は作業ウィークです。

先日のワックスがけに続き、オーナーさんはウッドデッキ・かまど小屋・玄関外階段の補修、ママさんは館内の美化・整備。

仕上げの塗装も完了。

4月の作業はとりあえずここまでかな。

良い天気でした。

 

先日ガンバコンソートの合宿がトロールの森で開催されました。

画像は最終日の小発表会。

イギリス・スペイン・ドイツと異なった国の、それぞれポリフォニー・歌・舞曲を、6声・5声・4声のコンソートで演奏。

楽しく聴かせていただきました。

6月にはソロや二重奏も含めて発表会を予定されているそうです。

指導の平尾雅子先生(ヴィオラ・ダ・ガンバ)のコンサート「迷宮」が6月16日(日)15時・ヌークスタジオ(代官山)で開催予定です。マラン・マレの「迷宮」をメインにオールマレプログラムで、バロックダンスとのコラボレーション。

また、8月1日(木)19時・近江楽堂でドイツ・オーストリアの器楽作品コンサート「技巧と調和」も予定されています。

古楽ファンの皆様、ぜひお出かけください。

子供の頃からカエルが大好きなオーナーです。

小学生の頃は毎年のように池から卵を持ち帰って、オタマジャクシがカエルになるのを観察していました。

子供が生まれてからは水槽でアカハライモリを飼っていた。

閉館間近(1994年閉館)だった頃に見学した中禅寺湖畔の両生類研究所が、今年8月に再開され両生類の展示も行うそうです。

とても楽しみです。

今日の肉料理は、定番の栃木県産もち豚ロースをカツレツにしてみました。

ソースは、タマネギ、ニンジン、トマトをコトコト煮込んでベースにした旨味と酸味のトマトソース。

付け合わせは、一日塩漬けにした春キャベツ・紫キャベツを純正菜種油とワインビネガーで和えています。

重厚なカツレツもたっぷり野菜と季節の風味で爽やかに食べましょう。


Calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM