「キリフリ谷の藝術祭2017」のメインイベントの一つとなるコンサート「ネーデルランドのリュート音楽」のご案内です。

オランダ王立ハーグ音楽院教授を30年にわたり勤められた世界的リュート奏者 佐藤豊彦 先生を中心に、日本を代表するリュート奏者 櫻田亨 先生・佐藤美紀先生による3台のリュートの演奏会です。1600年代前後のネーデルランド(現在のオランダ、ベルギー、ルクセンブルグ)の親しみやすい音楽を、3台のリュートならではの豊かな響きでお聴きください。

1600年代前後は日本の安土桃山時代から江戸初期にあたり日光で暮らす私たちにも縁の深い年代で、当時の欧州ネーデルランドの音楽を知る貴重な機会でもあります。素朴で暖かいリュートの音色は、古楽(ヨーロッパの古い時代の楽器による音楽)ファンのみならず聴く人全てに心地よい喜びをお届けすることでしょう。

 

〜「ネーデルランドのリュート音楽」〜

日時:2017年6月10日(土) 18時30分開演(17時30分会場)

場所:小杉放菴記念日光美術館(日光市山内2388-3)

料金:3000円

問合せ・チケット購入:tel. 0288-50-1200(小杉放菴記念日光美術館)

* 問合せ・チケットの購入は「ペンショントロールの森(tel. 0288-53-1007)」でも承っております。

* コンサートをお聴きになりご宿泊希望のお客様には、コンサート終了後に夕食をお出し致します。ご宿泊希望の方も「トロールの森」までご連絡ください(*演奏家の皆様も「トロールの森」にてご宿泊の予定です)。

* 画像は左から 佐藤美紀先生(トレブルリュート)・佐藤豊彦先生(アルトリュート)・櫻田亨先生(バスリュート)

ゴールデンウィークの日光は随所でお花見。

大谷川公園のちびっこ広場もご覧の通りです(画像は4月30日)。

混雑する観光スポットから少し外れると、お花見しながら家族でのんびりできる穴場もいろいろありますよ。

新緑の中をドライブするとゴールデンウィークはあちらこちらで田植え。

カエルの声も聞こえてきます。

この美しい田園風景も栃木・日光の魅力の一つです。

ゴールデンウィークに備えて行ってきたメンテナンス作業が昨日完了。

笹の刈り込み、ウッドデッキの補修と塗装、デッキチェアの塗装、障子の張り替え・・、庭師、大工、塗装屋、建具屋の一人四役。

ママさんも館内細部の清掃、インフォメーションブックのリニューアルなどなど、がんばりました。

春の日差しの中、仕事もはかどります。

皆様、お待ちしております!。

 

「藤森照信展〜自然を生かした建築と路上観察〜」を見てきました(水戸芸術館・撮影OKでした!)。

ツリーハウスのような茶室・中空の2階茶室・草を生やした屋根・・などで知られる建築家・藤森照信の世界です。

藤森氏は路上観察で有名な赤瀬川原平氏の仲間でもあり、作品は自然体で明るくユーモラス。

写真やスケッチだけでなく建築模型や藤森作の椅子やテーブルも多数展示され、建築好き・家具好きの私には興奮!の企画であります。

昨年完成した「ラ・コリーナ(背景写真)」の木彫のような建築模型。

こちらは「茶室」コーナー。この模型も建築として実在しています。

建築好きにはぜひお勧めの企画展で、水戸芸術館にて5月14日まで。

今日は海外からのお客様をご案内して霧降ノ滝へ。

雨上がりの晴天、一気に気温が上がりアカヤシオが開花していました。

霧降ノ滝を背景に、新緑前の紅一点。

各地から桜前線の便りが届きます。

日光市街ではシダレザクラが開花しましたが、ペンションのチョウジザクラはまだ蕾。

オオヤマザクラは連休の頃でしょうか・・。

春の遅い霧降高原の花一番はタチツボスミレです。

 

いつになく春の遅い日光。日光連山はまだまだ雪をいただいています。

でも「トロールの森」では、毎年春合宿でご利用いただいている音楽教室の皆様が素敵な演奏で春を運んでくれました!。


Calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM