今年の「キリフリ谷の藝術祭」のスタートを飾るコンサート「An Evening Hymn 夕べの賛歌」が6月1日(土)日光美術館にて開催されます。サブタイトルの「〜リュートと一体化する17世紀歌唱の妙技〜」のように、歌とリュートのコンサートです。

世界的なリュート奏者である佐藤豊彦先生とその門下の演奏家の皆様は毎年この時期に日光を訪れ、3年連続で「キリフリ谷の藝術祭」にもご参加いただいています。

とても貴重なこのコンサート、詳細は下記の通りですので皆様ぜひお出かけください。

 

「An Evening Hymn 夕べの賛歌 〜リュートと一体化する17世紀歌唱の妙技〜」

演奏:加藤佳代子(ソプラノ)・櫻田亨(アーチリュート)・佐藤豊彦(ナビゲーター)

日時:6月1日(土)18:30開演(17:30会場・美術館展示が鑑賞できます)

場所:小杉方菴記念日光美術館エントランスホール(日光市山内2388-3)

料金・チケット販売:2000円/小杉方菴記念日光美術館・日光市中央公民館

問合せ:小杉方菴記念日光美術館・tel.0288-50-1200

(*チケットは「トロールの森」でも取り扱っておりますので、ご希望の方は tel.0288-53-1007 までご連絡ください)

**今回のコンサートでナビゲーターを務める佐藤先生のコメントをご紹介しておきます**

「古今東西を問わず歌の伴奏楽器の主流が弦楽器であることは皆さまご存知の通りです。古くはヨーロッパではリュートやギター、日本では琵琶や三味線などがそれです。ギターは今では世界中で使われています。これらの楽器が携帯に便利で、和音が弾けるという理由もありますが、最大の理由は歌に合わせて強弱やヴィブラートなどのニュアンスを出せる所にあります。リュートは決して音の大きな楽器ではありません。そしてこのCDに収録されている歌の曲も大声で歌うものではありません。しかし、歌とアーチリュートによる表現力の多様性(広さと深さ)を充分に楽しんで頂けると思います。(夕べの賛歌:解説より)」

Comment





   

Calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM