気候もだんだん涼しくなって、夜も少しずつ長くなって、読書の季節です。

書店をぶらぶらしながらの運命的な本との出会い・・・、今日はどんな本が私を待っているのかな・・・、だから本屋巡りは止められない。

最近は、子供の頃読んだ懐かしい本をネットで検索すると、古書として見つかって数十年ぶりに対面できたりもするので、これはこれでありがたい。

そんなこんなで「トロールの森」の本は増え続けています。

大人の本、児童書・絵本、合わせると4000冊以上の蔵書のうち約3000冊(数えていないのでおよそ・・)を公開しています。

「トロールの森」で本との素敵な出会いを!。

オーナーさん初夏恒例の大工仕事。今年はカツオ君の大きなお家を作りました。

冬場に基礎工事をし、5月下旬から暇な日に少しずつ建築して6月下旬に完成。

広さは畳約2畳分で高さは2.5m以上あります。

2方向に窓も付いて風通しも抜群。

お風呂場も近いので便利です。

ご覧の通り、カツオ君もスヤスヤ・・・。

先週、ゴールデンウィーク前の平日を利用して家族で銚子の海へ一泊旅行。

そびえる犬吠埼燈台、広がる水平線、大きな風景に圧倒されます。

新鮮な海の幸を満喫。

そして雄大な海を体感!。

帰省した子供たちと先週は少し早い春休み。

群馬県富岡市の群馬県自然史博物館へお出かけしました。

オチビちゃんは巨大な動く恐竜の模型にびっくり!。

腕組みしておじいちゃんのマネをしています。

こちらは鬼怒川「花いちもんめ」のいちご園。

大好物のイチゴをがぶり!。
小さなお腹はイチゴで満腹・・・。

クリスマス前の閑散期を利用して、南へ北へと夫婦で小旅行しました。

<しまなみ海道の旅> 数年ごとに訪れている「しまなみ海道・大三島・今治」。

大山祇神社で有名なのこ地は父方母方共にご先祖様の島。

瀬戸内の幸を満喫し、叔母や従姉妹たちと久しぶりの楽しい時間を過ごしました!。

<猪苗代・喜多方の旅> 猪苗代にある評判のペンションへ研修旅行。

オーナー・シェフの作る本格フレンチのディナー&フレンチテイストの和朝食は絶品!。

清潔な館内には隅々にまで細やかな心配り。

私たちにはとても良いお手本となる宿です。

帰り道の喜多方で、思わぬ出会いから大正時代に造られた旧家を見学。

建築好きにはたまらない見事な蔵屋敷でした。

お昼は地元の方お勧めのお店で名物・喜多方ラーメンを堪能。

心も体もリフレッシュです!。

旅はいいなあ〜〜〜。

久しぶりに家族が全員集合。

息子も成人し、次女は4月から社会人、長女はママさん2年生、

孫娘は歩けるようになりました。

20年目を記念して残雪の那須高原へ家族旅行。

孫娘を囲んで動物さんと触れ合う旅。

家族はいつも元気の源です。

ブウブウ みなさん こんにちは
フレンチブルドッグの かつお です
きょうは ボクの たんじょうび
ボク よんさいに なったよ!
ことしも こくみんのきゅうじつ として おいわいしてくれて ア・リ・ガ・ト・ウ
それじゃ またね ブウブウ
P1180714 (2).jpg

シルバーウィークが終わり紅葉シーズンが始まるまでの約2週間は、日光の街も少し静かになります。
ホテルの洋食部門に勤務する息子は、秋冬の仕事の繁忙期を前に職場近くにアパートを借りて、待望の独り暮らしを始めます。
ホテル厨房での修行も軌道に乗り始め、巣立ちの時期を迎えたようです。
昨夜は調理科の先生が開くなじみのお店「ペリカン・ルージュ」で巣立ちのお祝い。
P1180400.JPG
上の画像はお気に入り「自家製のハム・ソーセージ・ベーコン」の盛り合わせ。
下の画像は初お目見えの「イチジクのパフェ」。
「サンマのコフィン」「地鶏のから揚げ」もいただきました。
いつもながら驚きと発見のある料理の数々であります。
P1180403 (2).jpg

パパさんが「明日から大忙しだからカツオ洗っちゃおう!」って言って、
ボク洗われちゃったよ・・・。
P1170332.JPG

今月は素晴らしい映画を2本見ました。
まず、アカデミー賞受賞の「バードマン」。ほんとうにすごかった!。
脚本・演出・音楽、全てが強烈なパンチを放ちますが、いつのまにか主人公の幻覚の世界に引き込まれてしまいます。
たくさんの劇場で上映中ですので、ぜひご覧ください!。
次は、高崎まで遠征して観てきた「華氏451」。
ブラッドベリの「火星年代記」と並ぶ代表作を、トリュフォー監督が1966年に映画化。
読書を禁止された近未来の焚書官(本を燃やす仕事)の物語。本の魅力を知った主人公は自らの仕事に疑問を持つ・・・。森の共同体へとたどり着いたラストシーン、一筋の希望に心が震えます。
原作の内容は一部省略されていますが、映画は物語の核心をしっかり捉えていて違和感はありません。原作の雰囲気は良く出ています。トリュフォーの書物への深い愛情も。
読書ファン、ブラッドベリ・ファン、トリュフォー・ファンにはこたえられない1本!。
P1170309.JPG


Calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM