標高約1300mの中禅寺湖畔、標高1400m前後のキスゲ平・六方沢が紅葉の見頃を迎えています。

今週から来週はいろは坂・霧降高原道路が紅葉の見頃となるでしょう。

11月上旬は東照宮周辺、11月中旬は今市・鬼怒川方面が紅葉の見頃。

画像はペンションの周りで拾ったコナラとミズナラのどんぐりです。

毎年10月は修学旅行のお客様を何校かお迎えします。

今年も夕食後の一時間は「日光の自然」をテーマに過ごしていただきました。

画像は加古里子さんの「カラスのパン屋さん」の朗読(ママさん)。

こちらはオーナーの森の自然のお話です。

この暑さを避けるには・・・、オーナーのおすすめはここだ!。

 

<その1> 奥日光・湯滝(日光市)。

1500m近い標高で、木々に囲まれた落差約70mの湯滝。

至近距離で滝を見ることができて、とても涼やか。

 

<その2> 大谷石資料館(宇都宮市)。

大谷石採掘場跡の巨大地下空間で、真夏でも坑内の気温は10度台。

肌寒いくらいです。

さてさて、山上の滝か・・地下の洞窟か・・!?。

 

 

霧降高原キスゲ平では、例年よりも10日ほど早くニッコウキスゲが見頃を迎えています。

(*画像はいずれも6月26日(火)撮影)

こちらはナルコユリ


カラマツソウ(画像)やコメツツジも見事です。

高原の散歩道のあちこちに、ペンションの敷地の中に、大好きなスミレがたくさん咲いています。

足元に広がる春、春、春・・・。

「タチツボスミレ」

「ツボスミレ」

「アオイスミレ」


 

一昨日の降雪で霧降高原も雪景色。ペンション周辺は20センチ前後の積雪でした。

暖冬続きでここ数年は雪の無いお正月でしたが、今年は綺麗な雪景色をお楽しみいただけそうです。

ペンションまでの道路は除雪されていますので、本日12月29日現在は下の画像のように路面は乾いて、車の通行に問題はありません。

ただし、お車でお越しの方は突然の降雪・凍結に備えて滑り止め(タイヤチェーンやスタッドレスタイヤなど)を必ずご用意ください。

冬季の運転に自信の無い方は、JR日光駅隣の市営パーキングに車を止めていただければ、電車利用のお客様と同様に送迎も可能ですので、ご希望の方は事前にご連絡(TEL.0288-53-1007)ください。

また本日現在で、日光市街・東照宮方面の道路に雪はありませんが、キスゲ平・大笹牧場方面や、いろは坂・中禅寺湖・戦場ヶ原方面(奥日光方面)は雪道ですので十分ご注意下さい。

標高800mの霧降ノ滝が色づいて来ました(画像は10月27日)!。

今週から来週にかけての約10日間が見頃でしょう。

六方沢付近(標高1400m)は沢の谷間の紅葉が見事ですが、沢より上部はほぼ終わり。

霧降ノ滝〜六方沢〜大笹牧場を結ぶ霧降高原道路は10月27日現在でほぼ全線が見頃です。

紅葉は交通渋滞のない霧降高原でゆっくりお楽しみください。

台風の風で、イガグリやまだ青いドングリが散歩道にポツポツ落ちています。

8月・9月と忙しく仕事をしている間に、秋が始まっていました。

お皿にのせると美味しそうですが、森の生き物たちにとっては実際ご馳走です。

霧降高原キスゲ平ではニッコウキスゲが見頃を迎えています。

ここ数日がピークでしょう。

混雑が予想される今週の土曜・日曜は、中腹の駐車場からシャトルバスも出るそうです。

キスゲ平で見つけた「夏の黄色い花」、まずはニッコウキスゲ。

こちらはハナニガナ。

ナルコユリ、カラマツソウもたくさん咲いていました。

オトギリソウ。

レンゲツツジ、サラサドウダンは終わりましたが、コメツツジは咲き始めです。

画像はいずれも7月7日撮影です。

6月の森に芳醇な香りを漂わせる花たちです。

まずは「スイカズラ」。

野生のバラ「ノイバラ」。

香る紫陽花「コアジサイ」。

奥日光は初夏の花が見頃を迎えています。

まずは戦場ヶ原・赤沼付近の湯川沿いではズミのお花見!。


戦場ヶ原のワタスゲも見事!。

(*画像は6月6日撮影)


Calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM