台風の風で、イガグリやまだ青いドングリが散歩道にポツポツ落ちています。

8月・9月と忙しく仕事をしている間に、秋が始まっていました。

お皿にのせると美味しそうですが、森の生き物たちにとっては実際ご馳走です。

「”栃木県ならではの食材”と”旬の旨味”を味わっていただきたい!」いつもそのような思いでお食事をご用意してまいりましたが、ついに栃木県の「地産地消推進店」に登録していただきました!。

主食(栃木県産コシヒカリ100%)・肉(主に栃木県産もち豚)・魚(主に日光産ニジマス)はほとんどすべてが栃木県産で、野菜類も地元農産物販売所の旬野菜を中心に使用していますので、70%以上の食材を栃木県産でまかなっています。

努力の甲斐あって登録の高いハードルをクリアできました。

こちらは今年の夏メニュー。

地元産のナス・トマト・ズッキーニ・アスパラをたっぷり使った「夏野菜のバジルソース」に、パプリカの自家製ピクルスの付け合わせ。

もちろんお肉は栃木県産もち豚ロースです。

夏休み真っ只中!。

ようやく夏らしい晴天がやってきました。

お子さんと一緒にこんなところはいかがでしょう。

まずは、トロールの森から車で5分の「美濃が原森林公園」。

森の中の小さな公園ですが、ポニー、ヒツジ、ヤギ、ウサギ、ハリネズミなどとふれあえます。

ターザンロープやツリーハウス、釣り堀も有って、小さなお子さんと霧降の森を満喫。

入場料は500円。

お天気が心配な時は、東照宮近くの日光美術館で開催中の「安野光雅・ふしぎな絵本の世界展」へどうぞ。

入場料は大人・大学生720円・高校生以下無料(月曜休館)です。

霧降高原キスゲ平ではニッコウキスゲが見頃を迎えています。

ここ数日がピークでしょう。

混雑が予想される今週の土曜・日曜は、中腹の駐車場からシャトルバスも出るそうです。

キスゲ平で見つけた「夏の黄色い花」、まずはニッコウキスゲ。

こちらはハナニガナ。

ナルコユリ、カラマツソウもたくさん咲いていました。

オトギリソウ。

レンゲツツジ、サラサドウダンは終わりましたが、コメツツジは咲き始めです。

画像はいずれも7月7日撮影です。

6月の森に芳醇な香りを漂わせる花たちです。

まずは「スイカズラ」。

野生のバラ「ノイバラ」。

香る紫陽花「コアジサイ」。

3回目となる”キリフリ谷の藝術祭”参加イベント「森の絵本展」。

たくさんのお客様にご来場頂き今年も大盛況でした。

「歌読み聞かせ」や「消しゴムハンコ」のワークショップなどチビッコも大喜び。

画像は作家さん(しまだともみ先生)・スタッフ・仲間が集まっての記念撮影。

大型絵本を使って楽しい歌読み聞かせ!。

「かまど」も大活躍でした。

奥日光は初夏の花が見頃を迎えています。

まずは戦場ヶ原・赤沼付近の湯川沿いではズミのお花見!。


戦場ヶ原のワタスゲも見事!。

(*画像は6月6日撮影)


Calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM